葬儀まで流れ

葬儀の流れ

危篤から火葬を終えるまでの大まかな流れが下記になりますが、その時の状況や地域の特色などによって流れが異なる場合がございます。
ご相談いただく際など、大まかな手順を把握していると打ち合わせや動きなどがとてもスムーズに進行します。ぜひ参考にしていただければと思います。
また、すべての状況が下記の流れと同じ流れになるとは限りません。臨機応変に対応していく姿勢が大切です。
葬儀に関してご不明な点がある場合もお気軽にご相談ください。親身になって対応させていただきます。

非日常的なことですから、どうしても焦ってしまわれる方が多くなります。手順などわからないことだらけかと思いますので、お気軽に東海特殊までご連絡ください。

葬儀の流れ

①ご逝去

法的な死亡確認は、病院などで医師により死亡が確認されます。

irai_arrow

②親族や家族への連絡

親族や家族への連絡は危篤などの診断を受けた時に実行します。

早めに連絡することをおすすめしております。
また、この時弊社東海特殊にご連絡をいただけるとその後の流れやこれからの動き方など、わかりやすくサポートさせていただきますので、お早めにご連絡ください。

irai_arrow

③死亡診断書の受け取り

その後市町村役所などに死亡届を提出する際に必要となる、死亡診断書を受け取ります。
死亡届の手続きが完了すると、火葬許可証(埋葬)を受け取る流れになります。
この時不慮の事故などで亡くなってしまった場合、死亡検案書を受け取ります。

irai_arrow

④病院への支払い

亡くなった場合の病院への支払いは、当日か翌日にされることがほとんどです。
病院や医師に確認をしましょう。

irai_arrow

⑤末期の水 ご遺体の清めと着替え 自宅への搬送

ご遺体の唇を湿らせたり、ご遺体の全身をアルコールやお湯で丁寧に拭き清めます。また、耳・鼻・肛門などに綿を詰めます。

着替えは故人が生前好きだった洋服を着せることもありますが、白装束が基本です。
この時爪を切ったり髪の毛を結ったり身だしなみも整えます。女性の場合は薄化粧も行います。
この時自宅への搬送手続きも手配させていただきますので、お気軽にご連絡ください。

irai_arrow

⑥喪主の決定

喪主を決めます。身内などで相談して決めますが親が亡くなった場合、長男が喪主となるのが基本です。

喪主が決まりましたらご連絡いただき、念密な打ち合わせと共に進めさせていただきます。

irai_arrow

⑦葬儀の打ち合わせ

葬儀の規模や内容、返礼品料理、場所などを決定します。

この段階で、葬儀プランや内容を事細かに決めていきますので、正確な見積もりはこの時に提示することが可能です。
親戚の人数や参列予想人数など、相談していただく前にある程度割り出しておくとスムーズに進行することが可能です。
打ち合わせは喪主の方だけになることが多いのですが、ご家族の方など同席していただくとより正確な人数を予測することができるので、同席をおすすめしています。
いただいた内容に沿って、最適なプランを提案させていただきますので、質問や不安な点がございましたらお気軽にご相談ください。

irai_arrow

⑧訃報連絡

ご近所や会社関係必要な関係各所に連絡をします。
葬儀の時間や内容等が決まっていない場合、再度連絡しなければならなくなるため、この時には葬儀内容までしっかりと打ち合わせした状態で連絡を実行します。

irai_arrow

⑨ご親族、お手伝いさんを含めた打ち合わせ

親族や葬儀の手伝いをしていただける方を含めた打ち合わせをさせていただきます。
供えものや食事の量など、人数に応じて手配や必要な人材の確保を行います。
この時人数にご不安がある場合も、東海特殊にお気軽にご相談ください。

irai_arrow

⑩式場への安置

通夜前に寝台車で葬儀会場までご搬送します。自宅から出棺される際は家族の皆様で丁寧にお見送りしていただきたいと思います。
地域によってはご近所の方もお見送りをされる場合もありますが特別なご挨拶などは必要ありません。感謝の気持ちなどお礼を一言添えるようにしましょう。

式場に到着した際も喪主の方とご相談させていただきながら供えものの配置や順番なども確認させていただきます。